漫画でわかる とみ鍼灸治療院漫画でわかる とみ鍼灸治療院

ブログ > うつ病の鍼灸治療その2

ブログ

うつ病の鍼灸治療その2

2024-05-29

おようございます。
とみ鍼灸治療院の松葉です。

以前、うつ病の鍼灸治療について書かせて頂いたのですが、

反響が多く、今回は続きを書かせて頂きたいと思います。

 

前回もお伝えいたしましたが、

うつ病の原因は首や肩の凝りが慢性的に続く事が原因の一つです。

その首凝り、肩こりも単に姿勢不良が原因のものではなく、

日常生活のストレスや悩み、人間関係の悩みなどが原因で起こる心因性の肩凝りによるものです。

ストレスでも肩と頸は凝るのは意外と知られておりませんが、

精神的な緊張が続くと身体は常に緊張状態になるのです。

うつ病を発症される方の多くはその前に睡眠障害や食欲障害、疲労などの自律神経が乱れた時に起こる症状が出ます。

そこから鬱になるにはどの過程を通っていくかは前回の記事に詳しく書いておりますので良かったらご覧ください。
https://www.tomi-shinkyu.com/news/20240401/1206/

 

さて、当治療院でも直近でうつ病の方の治療を行ってきましたが、

結論から言うと最初は声も弱くて暗く、自殺も考えたくらいの方でしたが、

徐々に笑顔が出てくるようになり、外出も億劫だったのが、道で会うと笑顔で挨拶するくらいにまで回復しました。

治療は肩首と自律神経を整える治療を中心に行ってきましたが、

問診で話を聞いていく事がとても大事だと私自身も感じました。

 

理論的に首の緊張を取れば良いと鍼をするだけでなく、

その人の生活背景を理解していく事も施術側としては大事なのです。

なぜなら患者様は辛い中、治療院に来て頂いてるのです。

こちら側としては持てる精一杯の力を出すのはもちろん、寄り添う事も大事です。

そして患者様に何か少しの変化があるかを見極め、患者様と共有していく事も大事なのです。

 

鬱は誰しもがなる可能性を持つ病気です。

もちろん性格や生活環境にも影響します。

また思い病気にかかって悩み過ぎてなる鬱もあります。

自身が鬱だと知った時、それまで以上に落ち込むこともありますが、

家族や治療者の支えは改善への大きな前進となります。

 

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

今現在悩まれている方は是非、一度

尼崎市は塚口にあるとみ鍼灸治療院にご相談ください。

少しづつ前進していきましょう。