漫画でわかる とみ鍼灸治療院漫画でわかる とみ鍼灸治療院

ブログ > 神経性胃炎と鍼灸治療:原因、症状...

ブログ

神経性胃炎と鍼灸治療:原因、症状、そして改善方法

2023-12-10

おはようございます。
とみ鍼灸治療院の松葉です。

ストレスと胃は密接に関係しておりますが、

どう関係があるのか?

またどう治療していくのが良いのか?

今日はそれについて書いていきたいと思います。

神経性胃炎についての深掘り

1. 神経性胃炎の基本

神経性胃炎は、心の状態が私たちの身体、特に胃に影響を与える病気です。

これは、胃に物理的な異常は見られないものの、ストレスや不安が原因で、胃痛や消化不良といった症状が出る状態を指します。

例えば、試験前の緊張や、家族の問題などが原因で胃の不調を感じることがあります。

ストレスを感じると胃が痛くなったり、チクチクする事もあります。

2. 原因と症状の詳細

原因:

神経性胃炎の主な原因は心理的なストレスです。

過度の心配、慢性的なストレス、急な悲しみやショックなどが胃の機能に影響を与えることがあります。

症状:

典型的な症状には、胃痛、食欲不振、吐き気、時には胃の不快感が含まれます。

これらの症状は、ストレスが多い時期や心理的な圧力が高い時に特に現れやすくなります。

3. 鍼灸治療の役割

鍼灸治療は、神経性胃炎に対する効果的なアプローチの一つです。

この治療は、身体の特定のツボに刺激を与えることで、ストレスや緊張を軽減し、消化系の機能を改善します。

特に、「足三里」や「中脘」といったツボは、胃腸の不調やストレス緩和に効果的です。

治療後は胃腸がスッキリしたという方もいらっしゃいます。

4. 日常生活での対処法

鍼灸治療後の日常生活でのケアも重要です。ストレス管理と生活習慣の改善が鍵となります。

家庭の事や仕事の事など、どうしてもすぐには解消できない悩みやストレスがある場合は

気分転換できる趣味を3つは作っておく事を強くお勧めします。

また定期的な運動、バランスの取れた食生活、質の良い睡眠をとることが推奨されます。

これらは、治療効果を長持ちさせるだけでなく、症状の再発を防ぐためにも役立ちます。

まとめ

神経性胃炎は、私たちの心の状態が身体の健康に直接影響を及ぼすことを示す病気です。

この病気を理解し、心理的なストレスに対処することが、健康な身体を維持するためには非常に重要です。

ストレス管理と適切な治療、そして健康的な生活習慣が神経性胃炎の管理において鍵となるのです。